民間学童保育は特定の分野に特化した教育をするところもある

SITEMAP
民間学童保育は特定の分野に特化した教育をするところもある

民間学童保育がおすすめの理由3つ

微笑む少年達

学童保育には大きく分けて公立学童と民間学童の二つがあります。今回は民間学童保育の利点を三つ挙げてみたいと思います。まず一つ目は、預かり時間が長めというところです。子どもが一人で家にいるのは心配という方も多いと思います。学童保育で預かってもらっていれば、大人がいますので安心ですし、他の子どもたちもいるので楽しく過ごすことができます。仕事で帰宅時間が夜遅くなるという方は、預かり時間の長い民間学童保育を探して預けることができます。二つ目は、スポット利用ができる施設もあるということです。毎日子どもを預かってほしいわけではなく、土曜のみもしくは長期休暇の時期だけ利用したいという場合もあります。
民間学童保育は週一日のみや夏休み中のみといった、スポット利用が可能な所もあります。三つ目は専門的な学習ができる施設もあるということです。学校の宿題だけでなく、さらに英語を教えてくれる施設やプログラミングなど専門的な知識を教えてくれる所もあります。民間学童保育には専門の講師がいて、特定の分野に特化して教育をしてくれる所もあります。民間学童保育は預かり時間や学習内容が様々ですので、お子さんに合った施設を見つけやすいと思います。

民間学童保育とはどんなところか

民間学童保育とは、保護者が仕事などで家にいない場合、子どもを預かり、遊んだり学びのサポートをするところです。民間学童保育では子どもが安全に過ごし、大人や他の子どもたちと交流を持つことができます。子どもを学童保育に通わせたいけど、どんな所なのかイメージが浮かばない、という方もおられるかもしれません。民間学童保育では、具体的にどんなことが行われているのでしょうか。子どもたちが学校の宿題をする時間や、その他の学習をする時間が設けられています。子どもの学びをサポートするために、宿題以外の学習内容としては国語や算数、そろばんなどがあります。PC操作やプログラミングを教えている民間学童保育もあります。
学習時間の他に、自由時間が設けられているところもあります。また、土曜日など一日子どもを預かる日には、食事やおやつの時間もあります。春はお花見、夏はそうめん流しなど季節にあったイベントを行うところもあります。子どもの学習をサポートしながら、楽しく過ごせるよういろいろな活動内容が用意されています。民間学童によって、一日のスケジュールや教育プラン、料金などは異なりますので、どんな学童なのか事前に調べて、子どもに合った所を選んであげると良いと思います。

子どもの学びを応援するなら民間学童保育を選ぼう

民間学童保育は、子どもの学びをサポートするという特徴があります。学童保育の目的は、子どもが安全に過ごせる場所を提供するというものですが、民間学童保育はそれに加えて学習に力を入れている所が多いです。民間学童保育ではどんな教育プログラムがあるのか調べてみました。英語や算数など、塾のような学習スタイルの所もあります。英語学習に力を入れている学童保育では、日本語を使わず英語のみで過ごすようになっている所もあります。インターナショナルスクールのように、英語のみの環境で過ごしていると習得も早いかもしれません。
また、サッカーや水泳、ダンスなど運動系をメインに行なっている所もあります。工作や絵画など、創造力を伸ばすプログラムが組まれている所もあります。ピアノやバイオリンなど、音楽を習うことができるクラブもあります。ぞれぞれの学童保育によって強化している科目は様々ですが、学習プログラムがしっかりと組まれている所が多いようです。子どもによって個性が違いますので、子どもの好みや習わせたい科目によってどの学童保育を選ぶか決めると良いと思います。民間学童保育は色々なスタイルがありますので、お子さんに合うところを選んでみてはいかがでしょうか。

PICK UP

NEWS